Article

        

子供のコミュ障~未然防止と雑談力アップ!

2019/ 09/ 22
                 
この記事では、私が、コミュ障になった原因。

「雑談力」が社会生活で、大きな力になること。

「子供のコミュ障」の未然防止法について、お伝えします。


幼少期、我が家の夕食時の会話といえば、
もっぱら父がビールや焼酎を飲みながら、

勤務先のことについて、しゃべりまくるのが、
当たり前の光景。

そして、それに母が相槌を打つ、の繰り返し。

私は、理解できない両親の話を、ただ黙って聞きながら、
つまらなく食事をし続けていました。

いまになって思えば、この時に両親が、

私の学校での出来事を聞いてくれる。
また、楽しい会話をしてくれる。

そうすれば、会話の弾む、楽しい食卓になったことでしょう。

私が、コミュ障になり、人間関係を上手く保てず、
人間関係で苦しんできた遠因は、ここにあります。


ただ、すべてが両親の責任ではありません。

私自身も、車座になっての同級生との雑談に、
あまり入りたがらなかった面があります。

ところが、この雑談こそが社会人となってからの人間関係を
円滑に保つために欠かせないものでした。


仕事上のわだかまりも、ちょっとした雑談で、吹っ飛ぶこともあります。

また、自分の中にインプットした情報をアウトプットするのが、
この雑談の場です。

人間はインプットした情報をアウトプットすることで、
その情報の記憶を確かなものとします。


そして雑談をとおして、人は「話のネタの引き出し」をたくさん持ちます。

雑談力 = 人間力 と言えば、言い過ぎになりますが、
人とのコミュニケーションに欠かせないのが、この雑談力ですね。

eac50f2e44f5ffd28d155ff467668ae8_sコスモスとシャボン玉

(まとめ)

子供のコミュ障、未然防止のためには、

親が積極的に、楽しい会話で関わること。

また、子供も、みずから雑談力をつけていくことが

必要です。


いま子育て中のお父さん、お母さんに

お子様の話をじっくり聞いて頂きたいのが、私の切なる願いです。


そのことがお子様が社会に羽ばたく時の

大きな力になることを信じております。



励みになりますので、ポチっとお願いします♪
                         
                                  

コメント