Article

        

社交不安障害~認知行動療法で思い込みを点検!

2019/ 10/ 07
                 
今回は、認知行動療法についての記事です。


人は、同じ場面や、同じ出来事に出会った時でも、
全く違う反応(認知)をします。

スポーツに例えれば、試合で負けてしまった場合、

「たまたま相手の調子が良かっただけさ」と楽観する人。
「練習が足りなかったからだ」と悲観する人。

そこに認知の違いが生まれ、その後の試合にも影響を及ぼします。

当然、前者の方が、その後良い結果を残していきます。
後者の方は、もうあの相手とは当たりたくないと思い込んでしまいます。

社交不安障害を抱える人の場合も同様です。

その認知(考え方や感じ方)の違いから、
自分が苦手とする場面や出来事を避けてしまいます。

そこには、だめだと信じ込んでしまっている間違った考え(認知)が
根底にある場合が多いのです。

それは、「思いこみ」であって、よく考えると、
根拠のない事であることが分かってきます。

ですから、治療の中で、「思いこみ」を
ひとつ、ひとつ、点検していく
ことになります。

「実際はやれば出来るのに、避けてしまっている」のも、
この障害を持つ人には多いようです。

自分のペースで少しずつ、考え方、感じ方を変えていくのが、
この治療法になります。

a9d563cfc26edc61773119c5711380b6_s並木に降り注ぐ日光


認知行動療法は、前提として、本人の努力が不可欠な治療です。

薬物治療は服薬すれば効果が期待できます。

しかし、認知行動療法は自分自身が、
毎日、こつこつと、今まで避けていたことに向き合い、

実際に行動しないと、全く効果がありません。


また、現在、全く対人関係を絶っている人にも適応できません。

実際の場面に、自ら挑戦して行くことが必要不可欠です。


まとめ

認知行動療法は、自分が苦手とする事を、

一つ一つ根拠があることなのか見直します。

そして、根拠もなく苦手とすることに、現実の場で、挑戦していく療法です。

詳しくは、認知行動療法を行っている心療内科等にご相談ください。


励みになりますので、ポチっとお願いします♪
                         
                                  

コメント